別荘について


みなさん こんにちは。いきなりだが、別荘とは一体なんだろうか?やっぱり大自然にログハウスなイメージだよね。

それは、一般的に言うならば私たちの日常生活とは別のもう一つの家。避暑や避寒、またはゆっくり休みたいときなどに利用する。別荘の場所としては、綺麗な景色のある場所や、静かで暖かで、涼しくて心地よい場所だったり、温泉地など。ログハウスももちろん立派な別荘。

基本的に一軒家であることがほとんど。マイホームも別荘もログハウスなんていいなぁ。
ログハウスと違ってリゾートマンションという集合住宅となっている別荘もあるようだ。

別荘の概要

そんな別荘について、当サイトはいろいろと語っていこうと思う。

今でこそ別荘は私たち一般人が利用しているもの(それでも金持ちくらい)だが、別荘は昔、天皇や貴族などのとても偉い身分が利用していたものだそうだ。本来の家とは違うもので、人里離れた過ごしやすい土地に、もう一つの家を用意していたようだ。そりゃ、家をもう一つなんて普通の人にはとても無理な話だ。

また、京都の平安京の時代にも別荘地があって、当時の偉い人たちが利用していたようである。だが、現在ではほとんど無くなってしまった。
現在の別荘地として有名なのは、軽井沢や那須あたりといったところだろうか。

別荘地は人里離れた地で避暑地としてなどのゆっくり過ごす為に利用されるものだが、バブル景気真っ盛りのときには投資などの目的で次々と別荘地が開発されていったようである。しかし、バブルがはじけてしまうとそれらの別荘地は売りにだされたり放置されてしまって廃屋になっているのも少なくないようである。

別荘の問題点

別荘に問題点なんかがあるのか素人目にはわからないと思うが、いろいろと問題もあるようである。まず、別荘というのはずっとそこに暮らすわけではないので、長期間不在になる。そのせいで建物の管理の面で問題がでてくるようだ。例えば台風などを始めとする大雨、突風などの自然災害による建物の破損や、水道管の破裂なんかがある。

また、別荘をあまり利用しないという理由などから転売をしようとしても、別荘の取引の市場がまだできあがっていないようであまり売却が期待できないそうだ。ただ、とても人気のある別荘だと割と取引が行われているようである。別荘地として有名な軽井沢にあっても人気のある建物と人気の無いものもあるようで、有名な場所だからといっても転売に有利になることは無いそうだ。

そんなこんなでいろいろと問題があるようだが、一番イヤな問題点が税金を取られてしまうことだろう。一般の住宅と一緒で固定資産税や公共料金といった別荘を維持するための費用がかかる。

この公共料金で別荘を所有している人と自治体が対立することがよくあるそうだ。水道などの料金の支払いで別荘所有者の負担についていろいろな声が上がっているようである。別荘にもいろいろと問題があるなんて知らなかったがただ別荘を持つだけではいけないようだ。

Favorite

チームTシャツ
http://www.the271.co.jp/
介護用品 通販
http://medical-care.feed.jp/
本八幡 美容室
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000101653/
マンション向け太陽光発電
http://www.yokohamah.jp/apm_index.html
安心価格の太陽光発電
http://taiyoukouhatudenn.jp/

ページトップへ